ミライズ矯正歯科南青山

  • お気軽にお問い合わせください

    Tel.03-5468-5585
  • 友だち追加
  • 予約
  • 日本語
  • 中文 (中国)
  • 中文 (繁体字)
  • English

お知らせ・お役立ち情報 NEWS & TOPICS

2019.06.25

ブログ

「矯正治療中にスポーツはしてもいい?」

 

南青山ミライズ矯正歯科のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はよく患者さまからある「矯正していてもスポーツして大丈夫か?」という疑問にお答えしていきます。

「矯正治療で歯につける装置はどのようなもの?」

矯正治療で歯につける装置はどのようなものがあるでしょうか?

 

成人治療を例にすると、矯正治療で使用する装置は治療の方法で異なります。

マウスピースを利用した矯正の場合は、①「マウスピース」を使用し、歯にはアタッチメントといい、ゴマくらいの小さなプラスチックをつけます。(つける位置や数は患者さまによります)。

あとは矯正治療といって一般的に思い浮かべられるものは唇側矯正で「マルチブラケット装置」を使用します。舌側矯正では、この「マルチブラケット装置」を歯の裏側につけます。

 

歯を動かす治療が終わった後は、「保定装置」といって、後戻りしないようにする装置を使用します。取り外しのものと、歯の裏側につけるタイプのものがあり、併用する場合もあります。

 

「矯正装置がついていてもスポーツしていいか?」

それでは本題に入りたいと思います。スポーツしても大丈夫かどうかは、歯についている装置の種類スポーツの種類によります。

一般的なスポーツでは、矯正治療中も普段通りしていただいて構わないです。激しくぶつかり合うようなスポーツ(矯正をしていてもしていなくても歯の外傷などの可能性が高いスポーツ)、アメフトやボクシングなどは気をつけていただくことが必要です。

 

「激しいスポーツの場合」

マウスピースタイプの場合は歯にもほとんど装置がつかないので、矯正治療前とほとんど同じと考えていただいて構わないと思われます。

ただし、マウスピースが割れている状態などでは思わぬ怪我につながることもありますので、マウスピースに問題がある場合は、主治医にご相談ください。

 

・マルチブラケット装置の場合で唇側矯正の場合は、外部からの力で装置が外れてしまったり、口腔内が傷ついたりする可能性があります。

舌側矯正の場合は、唇側に装置がついていなければ、比較的衝撃を受けても影響はないかと思いますが、上顎だけ舌側矯正、下顎は唇側矯正の併用をする場合もありますので、唇側に矯正装置がついている場合は、気をつけておく必要があります。