ミライズ矯正歯科南青山

  • お気軽にお問い合わせください

    Tel.03-5468-5585
  • 友だち追加
  • 予約
  • 日本語
  • 中文 (中国)
  • 中文 (繁体字)
  • English

お知らせ・お役立ち情報 NEWS & TOPICS

2019.02.06

ブログ

歯並びと噛み合わせ

矯正治療ってそもそもなに??

端的に言うと、矯正歯科治療では歯並び噛み合せを治します

相談にいらっしゃる患者さんに「Dr.:気になっているところはどこですか」と伺うと

『患者Aさん:歯並びが悪くて』

『患者Bさん:噛み合わせが気になっていて』とのこと。

それではお口を拝見しますね

『Dr.:Aさんは噛み合わせに問題がありますね』

『Dr.:Bさんは歯並びを治した方がいいですね』

「歯並び」と「噛み合せ」

「歯並び」とは、読んで字のごとく「歯の並び」いわゆる「ガタガタ」や「すき間」のことです

噛み合わせが良くても、歯並びが悪い=ガタガタがある


すき間がある歯並びもありますね


歯並びが良くても=ガタガタ、すき間がなくても、噛み合わせが悪いということはよくあります

では、「噛み合わせ」とは?

上顎と下顎の骨格的または歯性的位置関係のこと

想像しやすいところでは「出っ歯」「受け口」、これらは上顎と下顎の前後的・水平的な位置関係

噛み合わせが「深い」「浅い」と言うときは、上顎と下顎の垂直的な位置関係

前後的・水平的な噛み合わせ

上下の6歳臼歯が基準になります(これを歯科ではAngle分類と言います)

標準タイプ(Angle ClassⅠ)

歯科では「Ⅰ級」と呼びます

上の6歳臼歯の1つ目の凹が下の6歳臼歯の凹に噛み込みます


歯タイプ(Angle ClassⅡ)

歯科では「Ⅱ級」と呼びます

上の6歳臼歯の1つ目の凹が下の6歳臼歯の凹より前に噛み込んでいます